明日のためのその二

みなさんこんにちは?こんばんは?出演者の竹ち代です。
前回アップしたチラシの別バージョンがありますので、今回はこちらを紹介させていただきます。
こちらのチラシでは、せっかく渚ちゃんが頼んだカフェオレを赤星さんが倒してしまったので、それを敏速に拭きながらどうやって渚ちゃんの機嫌を直すを必死で考えてる修行僧を演じております。
いやいや!演じてますなんて・・・。
(以下前回の投稿を参照。 「明日のためのその一」  )

さてさてその後「みにくいアヒルの子」を読んでみたのですが・・、んっん。
これは違う、ボクとは違うぞ。
そう、「みにくいアヒルの子」はもともとアヒルじゃなくって白鳥やん。なんの努力や学びも無くもともと白鳥やってんやん!
やられた〜こんなん、サギ(詐欺)や〜〜! 
おあとがよろしいようで〜。

ドドンドン!カンカラカンカラ♪♪

とまぁこんな感じで今回の演目は落語家、三遊亭圓朝作『怪談牡丹燈籠』の落語を元にしてます。
ちょっと興味のあるお客さんも「怪談」や「時代物」ってことで、う〜ん、とっつき難いかなぁ・・。と思った方も居られるでしょう。ボクもそう思ってましたが原作を読んだとき落語調ってこともあり、小気味良いテンポでスルッと読めました。
そして演出はあのウォーリー木下!重く暗くなるはずもない、がしかし油断は禁物!
ココってとこで人間のドラマをエグリ出してくれることでしょう。

「牡丹燈籠」は「四谷怪談」、「皿屋敷」と並んで日本三大怪談と言われるも、死者の怨念を主題にしてる2作品とはちょっと違って、恋焦れて亡くなった女、お露を取り巻く人々の欲望や策略、葛藤など(幽霊にはない?)人間の人間らしい面をいろんな登場人物に置き換えることで表現されたドラマです。
人間の面白さが描かれてます。

それを舞台作品として役者だけでなく、美術や音楽、衣装など使っていかに面白く伝えれるかウォーリーさんが、あーでもないこーでもないと稽古場で試行錯誤が行われてます。
「この方向性で行きます。」と近道をせず、3月の本番までいろんな可能性を試しながらの稽古が進むでしょう。
なんと言っても演目は「牡丹燈籠」です。幽霊のお話だけに、

まだまだ化けますよ。

おあとがよろしいようで〜。 
ドドンドン!カンカラカンカラ♪♪

チラシ2


2012年01月28日のつぶやき

09:25
本日CAMP公演「嘘つきの1日」をやってます!受講生とともにウソをテーマに作り上げた芝居です。本日は16時と20時からやってます!芸術創造館にて。/平林
  • 2012.01.29 Sunday
  • -
  • 03:11
  • -
  • -

2012年01月25日のつぶやき

00:33
明日のためのその一 http://t.co/J2FBMz8y #jugem_blog
  • 2012.01.26 Thursday
  • -
  • 03:11
  • -
  • -

2012年01月24日のつぶやき

14:37
今週は「牡丹灯籠」の稽古はお休みさせてもらって、CAMP!!2の本番。赤星君はピースピット。PLAY PARK 2012の準備もちょっと落ち着いた。と思ったら寒波。のどが痛い。気をつけよう。いろいろ。/木下
  • 2012.01.25 Wednesday
  • -
  • 03:11
  • -
  • -

明日のためのその一


みなさんはじめまして?こんにちは?こんばんは?出演者の竹ち代毬也(タケチヨマリヤ)と申します。
せん越ながらチラシ写真にも出させていただいてます。
チラシでは赤星さんが暴れる中、踏みつぶされる前に落したコンタクトを必死で探す修行僧を演じております。
いやいや!演じてますなんておこがましいやら、恥ずかしいやらです。

関西の演劇界でボクの名前は殆ど知られてないと思いますが、舞台活動は舞踏からはじまり現在はコンテンポラリーダンスをやってます。
そうですダンサーです、今回のお芝居で唯一の素人といって良いでしょう。
これまで演劇の舞台では役者さんへの振付やワークショップをさせていただいたり、大阪の劇団「子供鉅人」や京都の「正直者の会」などあくまでもダンサーとしての出演はたくさんありました。
今回の「牡丹燈籠」もそう思ってました・・・そう、稽古がはじまるまでは。

そんな畑違いのボクに、容赦なく台本が配られます。
外郎売も言ったことのないボクが台詞を言ってます。

みなさん想像して下さい、たくさんの個性豊かな役者さんの前で台詞を言ってるボクの気持ちを・・。
それは例えるなら「ライオンの檻に入れられた一匹のネコ」、「牡蠣の養殖場に紛れ込んだ小さなしじみ」毎晩震える肩が止まりません・・。

しかし畑違いだろうとボクも舞台人のはしくれ。泣き言をいってもはじまりません。
こんな時こそ自分をしっかり持たないといけないのです!
そこで今日はブックオフで買ってきました!!グリム童話の「みにくいアヒルの子」。
これさえ読めば何か突破口があるはずです!
明日のボクのための何かがあるはず。
舞台上で羽ばたくための何かが・・・。


つづく


牡丹燈籠チラシ

2012年01月22日のつぶやき

23:30
吹田よいとこスイッとスイッと http://t.co/2g278Oo6 #jugem_blog
  • 2012.01.23 Monday
  • -
  • 03:11
  • -
  • -

吹田よいとこスィッとスィッと

120122_182910.jpg
はじめまして!?こんにちは!?こんばんは!?
「牡丹灯籠」出演させていただきます大川原瑞穂(オオカワラミホ)と申します。
京都の悪い芝居というところに所属しています!
外部メンバーのトップバッターだ!何書こうかな!
キョロキョロ挙動不審になりながら書いています。

「牡丹灯籠」は11月から稽古が始まったので、私の人見知りもだいぶ解消されたなぁと思っていたのですが…
すみません、油断していました!前回の稽古帰りに事件発生です!

とある方と二人きりで電車に乗ったのですが、会話が見事に2、3言で途切れてすぐさま無言の時間が訪れるという、なんともいえない空間ができあがってしまいました!
「あ、無言なった、ヤバイヤバイヤバイ…」
と、頭の中が静かにパニックでした。
でもあまりにもな状況だったのでむしろ笑えて、最終的には「会話、ないなぁーーー!!笑笑笑」と、楽しい帰り道になりました!とさ!

ちなみに、とある方とはウォーリー木下さんでしたとさ!うぅ

えぇと。
今日は本番の会場である吹田メイシアターの小ホールでの稽古でした!
実際に使う会場で稽古できるなんてありがたいです!
写真はアップ中のヒトコマ。井田さんがセンターでポーズしてますね。
小ホールは客席との距離がとても近いんです!
このようなカッコイイ井田さんを間近で観れます!ヒュー
さらに今回は客席にアレを作るみたいなので、より近くなるんじゃないかなぁ!
客席をも巻き込んだダイナミック牡丹灯籠を、ぜひ観に来てください!
京都からだってスィッと行けちゃうよ!だって吹田だから!

大川原でした!

2012年01月21日のつぶやき

23:14
【牡丹灯籠の枕】「牡丹灯籠」の三遊亭円朝の作。有名なのは、カランコロンと下駄の音をさせて現れる足のある幽霊の話。そういえば前作の「ハイ/ウェイ」には足だけの幽霊が出てきましたが、おそらく関係はありません。稲川淳二も今回は出てきません。/木下
  • 2012.01.22 Sunday
  • -
  • 03:11
  • -
  • -

○○気分。

ど〜も!sunday、井田武志です。ウーーーッ!!

いやいや、『牡丹灯籠』稽古、どしどし奮闘中です(^〇^)

えーと、これからは稽古場でのあるコトないコト、私、井田武志がギャンギャン!!実況中継していきますよ〜

写真でわかると思うんですが、稽古場では、みんな、浴衣や着物を着ての稽古。
何人かで廊下を歩いたり、おなじエレベーターに乗ってると温泉気分、旅館気分が味わえます。今から皆で卓球とかしそう☆
さらに、お祭り気分も自然に体感できるんです。皆で、屋台とかまわりたいなぁ〜☆
なんか、こんなけ大人数で和物を着て稽古場にいるだけでも楽しいですね。テンションあがりますねo(^∇^)o


あ、そういえば、赤星さんのゆってた稽古言葉、今日もでましたよ。

居残り転換。
通路A、B。

ま、ほぼ、w木下さんから生まれてきますが( ロ_ロ)ゞ なんか、おもろいから口にだして使いたい喋りたい〜てなります。

皆で、いろんな○○気分を味わって、これからもチームワークばっちりの『牡丹灯籠』稽古、存分に存分に楽しんでいくぞー!!ウーーーッ!!


井田武志

2012年01月20日のつぶやき

13:40
【牡丹灯籠の枕】牡丹灯籠の稽古は、役者のみなさんには和服でやってもらっています。今まで和服の芝居ってそういえばつくったことないなー、いや、あるわ、オリテンの「インディアンポーカー」。「素浪人ワルツ」もそうか。しかし稽古場が男も女も和服ってのは、案外いいです。お祭りみたいで/木下
22:58
メイシアター×sunday稽古日誌はじまってるよ http://t.co/QDUbQ4rj #jugem_blog
  • 2012.01.21 Saturday
  • -
  • 03:12
  • -
  • -


メイシアター×sunday「牡丹灯籠」ブログ カテゴリー アーカイブ

recent comment

メイシアター×sunday「牡丹灯籠」特設サイト